まつもとケアマネージメントセンター

イメージ

プラン作成イメージ

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月に施行された「介護保険法」によって定められた資格であり、正式には「介護支援専門員」と言います。 ケアマネージャーは「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。 また、ケアマネージャーはご利用者様の心身の状況に合わせて適切な介護サービスの利用状況をモニタリングし、ご利用者様とそのご家族へ定期的なご報告を行っております。

介護を受ける際にはケアマネージャーのケアプラン(介護サービス計画書)作成が必要になります。同時に適切な介護保険制度の活用などのアドバイスをいたします。適切な介護サービスをご利用いただけるように、またご家族に安心していただけるよう最適なケアプランを作成し、ご利用者様とご家族、利用施設との橋渡しを行います。
※介護全般についてのご相談、ケアプランの作成費用は全額介護保険負担となりますので、ご利用者様のご負担はございません

プラン作成の流れ

1.ご家族の方、もしくはご本人様が、当施設にご連絡ください。改めて、日程を調整させていただきヒアリングと適切なご案内をいたします。
★要介護認定等の申請代行サービスも行っております。 こちらにすべてお任せください。
★介護器具等のご相談なども承っています。 お気軽にお問合せください。
2.介護の認定結果に応じ、ご家族及びご本人様のご要望をお聞きした上で適切なケアプランを立案し、
ご提案いたします。
3.きめ細やかな「モニタリング」を実施しております。
経過報告を「ご本人・ご家族」にお伺いし、同時にサービスを提供している事業者に対して定期的に聞き込み調査を行うなど、利用者様・ご家族の視点に立ち、適切なサービスが受けられ、効果が出ているかを把握し、ご報告いたします

案内3

要支援・要介護と認定された方は、介護保険にて福祉用具の販売・レンタルサービスをご利用いただけます。介護保険以外でもレンタルサービスはご利用できますので、お気軽にご相談ください。
※介護保険でご利用になる場合は、介護支援専門員(ケアマネージャー)によるケアプランの作成が必要になります。

案内4